くりにっくさろん髪屋

NEWS & BLOG

育毛のご相談が多い季節となりました。

2020年9月15日ブログ

季節は夏から秋へと移行し過ごしやすい季節となりましたが皆様はいかがお過ごしでしょうか?

季節の変わり目は非常に抜け毛が多くお問い合わせが多くなりましたので少しでもお役に立てればと思い簡単な育毛方法などご紹介させて頂きます。

動物も衣替えをし毛が抜け落ち自然なサイクルを繰り返し行われるわけですが人はお洋服を厚着したり暖かく見を覆うわけですが頭皮に関しては何をする訳でもありません。よって人間の自然なサイクルとは28日ごとに新しい細胞ができ生成、成長、排出と行われるのです。ですから人は怪我をしても約一ヶ月もすれば元のように治っていくのです。

その自然なサイクルをターンオーバーといいます。

ターンオーバーのリズムが崩れるとフケ、かゆみを伴いやがて大量。髪が抜け始めると言うことになります。くりにっくさろん髪屋ではその崩れたリズムを上手にもとに戻して上げるといったメニュー作りとともにその方に一番適したメニューをおすすめすると同時にお手伝いをさせて頂くことに喜びを感じております。お客様も初めは不安と真実の悩みも言って下さりともにお客様とお店側が一体となりお悩みの多い順番にご説明させて頂きます。

①抜け毛が多い(男性、女性)

②髪が細くなった(女性が多い)

③フケ、かゆみが多い(男性、女性)

④頭皮の匂いが気になる(学生の男性、女性)

⑤どんな育毛剤がいいのか、シャンプーはどのようなものが良いか(男性、女性)

⑥家計的に薄毛になるようですが予防はありますか(男性)

髪のお悩みは10人中8人と言われ何らかの悩みを抱いている方が多いと思われます。1番より順にご説明させて頂きます。

①抜け毛が多いのは季節の変わり目が圧倒的多くくりにっくさろん髪屋ではターンオーバーを正常化にさせるため頭皮クレンジング(毛穴の掃除)をします。メニュープラス1500円でできます。そしてお客様がお好みの育毛剤が当店のおすすめの商品のご提案で簡単に解決ができます。※ポイントは育毛剤のつけ方となり良い商品を使用しても使い方次第で悪い商品に変わってしまいます。

②髪が細くなったのは頭を上から見ますと百会(ウズ)の所よりおでこにかけて英語のUとなりユーパーツと言います。そのユーパーツが細い髪になりそこを頭皮クレンジングをし女性に関しましてはアルコールの優しい育毛剤を使用し髪を太くさせます。日本人の髪の標準は0.08㎜ですから今の髪を少し太くしただけでもすごく髪が多く見えます。

③フケ、かゆは声を大にして言いたいのは一つはシャンプーにあります。シャンプーは育毛の基本となります。そして皆様がよくやっておられるのはシャンプーが少なくなるとボトルに水を入れてゆすぎつつ使用するという事です。ボトルに水を入れてその日に使い切ってしまえばいいのですが明日に持ち越すことは絶対に✘危険です。シャンプーと水が腐り頭皮が痒くなります。すごく痒い、フケの方は適したシャンプーを販売しておりますのでお尋ねくださいませ。やはりターンオーバーを正常化させるために頭皮クレンジングをおすすめします。

④頭皮の臭いが気になるのは思春期の方に多く見受けられます。もちろんシャンプー、コンディショナーのすすぎを多くやっていただきたいと思います。こちらも頭皮クレンジングをおすすめします。

⑤どんな育毛剤、シャンプーがいいのかは日本製のものはどれも素晴らしい商品ばかりだと思います。育毛剤のカギは量だと思います。もちろん育毛剤の効能時間は12時間と言われていますので朝、晩の2回は鉄則です。シャンプーに関しましては血流が良くなるようなシャンプーをおすすめします。あまり皮脂を取りすぎるようなシャンプーですとかえって脂肌になりかねません。頭皮は適度な油分は必要となります。

⑥家計的に薄毛になる予防とは誰もが薄毛になる要素はあると思います。やはり生まれ持ったDNAが非常に強いことは言うまでもありません。ですが自分の努力次第でそれを打ち消す事は少しはあると確信しております。それは髪があるときから育毛の基本を身につけてやる事です。朝お顔を洗って歯を磨くように幼少期からのリズムと同様、何でも日課にすれば苦痛ではありませんよ!!

◎育毛のカギは頭皮クレンジングにあります。まずは頭皮を清潔にして自分なりに最適なリズムを作ることです。やはり髪はあったほうが良い。あるべき所には髪は欲しいし本来ある髪ないと老けて見えるから頑張って維持をしましょう。こんな思いで日々お客様にご説明をさせて頂いております。お一人でも多くお客様の悩みを解決し、お客様の為になるお店作りを目指しております。どうぞこれからもよろしくお願い致します。

※近々増毛(自分の髪に縛る)をやってはいけませんを文章にてご報告させて頂きます。

記事一覧に戻る →